彼女が欲しい男性のために彼女の作り方を徹底解説

女性のことばかり意識してはダメ

スポンサーリンク

女性にもてたいと意気込んでいる男性が注意しなければならないことがあります。
それは、女性を意識しすぎてしまうということです。
これは、一見大切なことにも思えるかもしれません。
なぜなら、女性を意識して、さまざまな工夫を凝らして、モテるための練習をするという風に考えれば、女性を意識することは必ずしも悪いことだと言い切れないからです。

 

それなら、なぜ、私はここで、女性を意識しすぎるのはよくないといったのでしょうか?
もちろん、まったく意識するなというのは無理な話だと思いますし、そこまでもとめません。
しかし、やはり、過ぎたるはなんとやらで、かえってよくない結果を生むのです。
つまり、過剰に意識することがだめだと申し上げ手いるわけです。


女性を意識しすぎてしまうと、多くの男性は空回りしてしまって、どんどん、悪いほうへと勝手に転がって言ってしまいます。
女性にモテる男になりたいと考えているのなら、女性のことばかりを考えてしまうということは、控えなければなりません。
言い方をかえると、メリハリをしっかりつけるということが大切ともいえるかもしれません。
元来、女性に好感を抱かせることのできるモテる男というのは、女性に対して、変に媚(こび)を売るような態度をとりません。
女性を意識しすぎて、自分の中の中心にすえすぎてしまうと、どうしても女性に対して、媚を売ってしまうのです。
そして、そのような態度の男性に女性は魅力を感じなくなってしまうのです。
つまり、女性を意識しすぎて女性に媚びてしまっては、つまらない魅力ない男性に成り下がってしまうことにつながるのです。

スポンサーリンク

そのため、意識しすぎず、あくまで、自然体でいて、なおかつモテル男になることが求められるのです。

 

自然体でいることのコツとしては、
たとえば、意識を仕事や趣味など女性から離れたあなたの生活の一部に向けてみてください。
そのようにすると、比較的うまくいきます。
どういうことかというと、仕事や趣味など何かに一生懸命に打ち込んでいる男性というのは、女性にとっては、大変魅力的に映るものなのです。

 

女性にばかり向いていた情熱を少し方向修正して、自分をブラッシュアップすることに振り向けることができれば、自分の魅力を高めることにつながり、ひいては、意識していた女性からもてるようになる

 

のです。


何よりも、もてようと必死になっている姿勢を悟られてしまうと、女性は一気にさめてしまいます。
まず、恋愛対象外とされてしまうとみて間違いないでしょう。
そして、普通に考えて、男性側だって、そんなこと、女性に悟られてしまったら、なんてかっこ悪いんだろうって思いますよね。

 

というわけで、いったん自分の意識の中心から女性を離して、他の熱中できることに集中することが、遠回りなように見えて、実は、女性にもてる男になり、そして彼女を作るための近道なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加